東京のセクキャバは超豪華

あの世界観が凄かったんですよ

セクキャバもまた、それぞれいろいろな個性を打ち出しているじゃないですか。他のお店とは違うってところをアピールしてくれているのは、お客としてはとってもありがたい部分だと思うんですけど、この前足を運んだ東京の仮面舞踏会。これは素晴らしいセクキャバでした。今までのセクキャバの中で「魅せる」という点では最も素晴らしかったかもしれません。あれはセクキャバというよりも、むしろ新しいエンターテイメントと言っても良いんじゃないかなって思いましたね。もちろんセクキャバ本来の良さが損なわれていることもなく、セクキャバに求めることはすべて楽しめる一方で、自分なりにいろいろなことを楽しめたのも事実。他のセクキャバにはないことを楽しめるという点では、本当に大きな魅力を得ることが出来たんじゃないかなって思うんですよね。でも、オーソドックスなセクキャバもとっても楽しいので、どんなセクキャバでも楽しい時間が待っていると思いますよ。

派手な服を着ている女性

熟女が出てきた驚いたセクキャバ

先日、東京のセクキャバに突撃したところ、熟女が出てきました。席で待っていると、猫撫で声でキャストが来ました。暗くてよく見えないけれど、顔を見てみると熟女なんですよね。「え?ここってそういう店?」と言うと、「そういう店・・・と言うと?」と彼女。「いや、熟女とかを集めている店なの?」と聞くと、「そんなことないですよ!私だって若いですし」と言うんです。どう見ても年齢は30代後半から40代ってところ。そんな感じの人だったので、ちょっと気になって楽しめませんでした。でも、セクキャバの場合は時間になると女の子が入れ替わってくれるところもあるから、それからは安心でした。もちろん、熟女の店とかがあっても良いと思いますが、僕としてはやっぱり若い子と飲みたい。これからも店には、もっと若い子を揃えてもらいたいものですね。人によっては大人の女性の方が落ち着いて楽しめるという人もいるから、そこは店が工夫して経営してくれると良いですけどね。

空の色に似ているドレスの女性

落ち着いて飲むなら熟女と一緒に飲みたいかな

落ち着いて飲みたいという場合には、熟女がいるセクキャバが良いですね。キャバクラって若い子ばかりで、ちょっと落ち着けないこともありますよね。でも、東京のセクキャバの場合は、熟女を採用しているところも多いです。だからこそ、僕は色々と使ってみたいなって思っているんですよね。まず、僕の場合は熟女と飲み会を楽しみます。熟女は飲むのが好きな人も多いけれど、セクキャバの場合は自分が飲むだけでも良いですからね。そこは上手に使い分けていくことが必要となるのではないでしょうか。色々と楽しめることも多いから、ぜひ色々と使ってみてください。ちなみに、僕の場合は内容も相当楽しめるものだと思うので、週に数回は使うようにしています。熟女の身体に触れることもできるから、ぜひ色々とやってみてください。もちろん、内容はそれぞれ異なるから、楽しめることも違ってくると思います。そういう意味では、相当楽しめるんじゃないかなって思ったりしますね。

セクキャバは手軽でいいですよね

セクキャバって手軽に楽しめるのがいいですよね。風俗だとどうしても大袈裟になってしまいがちじゃないですか。それは時間的にも料金的にも。そして気持ち的にも。別に抜きたいとかじゃなく、女の子と楽しみたいって時だってあるじゃないですか。そんな時にこそセクキャバはもってこいですね。自分が主戦場にしているセクキャバは東京のとある所にあるんですけど、それなりに繁華街なのもあって激戦区ですかね。だからか、女の子の応対は「神対応」ですね(笑)競争原理が働いているからだと思うんですけど、そのおかげでレベルはもちろんですけど、サービスの応対だけじゃなくて、フロントまでしっかりともてなしてくれますよね。それが大きいと思うんですよ。だってフロントもまた、それなりに力量が問われるのがセクキャバじゃないですか。適当に女の子が何かをするってだけじゃなくて、ある程度は女の子のことを考えてくれているのもまた、フロントなんですしね。