東京のセクキャバは超豪華

カギを握るのは胸じゃないんです

セクキャバと言えば女の子の胸を思う存分堪能出来る。そう思っているのかもしれないんですけど、むしろセクキャバを楽しむための秘訣は胸じゃないなって。これはこの前東京のギャルゲッチュっていうセクキャバに行ってきた時に思ったんです。ここの女の子は顔面レベルも相当高いですし、何よりグラマラスなボディの女の子も少なくないんですけど、でも誰一人として体を武器にした子はいなかったんですよね。まずは話術だけでこちらを楽しませようとしてくれる女の子ばかり。そこにセクキャバ嬢としてのプライドのようなものを感じました。そこまで本気で考えているからこそ、男が何をしたがっているのかをよく分かっているので、決して胸だけを堪能出来るって思ったら大間違いなんだなって。むしろ胸だけじゃなく、他の部分にこそセクキャバの魅力が隠されているんじゃないかなって思ったほどなので、セクキャバの楽しみ方そのものも分かってきたような気がするんですよ。

黒服にセクキャバのことを聞いてみた

初めて使うセクキャバの場合は、黒服に説明を受けると良いのではないでしょうか。それぞれこの手の店には黒服というものがいて、その人たちに説明を受けることができます。もちろん黒服なんて言うと怖いと思う方もいるかもしれませんが、単純にスーツを着た普通の男の人です。店を守る役目もあるから、そこは安心して使って良いと思います。何よりセクキャバはルールやマナーがそれぞれ異なることがあるから、そこは説明を受けておいた方が良いです。初めて使う場合は、その点も伝えておくと、色々とサービスしてくれるはずです。また、女の子の指名などに関しても教えてくれるから、きっと楽しめることは多いと思いますよ。僕が使った時にも、最後までしっかりサービスをしてくれて、女の子とも楽しむことができました。もちろん、女の子といる時はスーッと黒服もいなくなってくれるので、安心して楽しむことができます。これからもたまに使わせてもらいところですね。東京は店が多いので、とてもおすすめです。